コロナ第二波・・・ベンツの中古車市場 買取価格は?2020年7月

コロナ第二波・・・ベンツの中古車市場 買取価格は?2020年7月

緊急事態宣言が解除され東京都内は人混みも

7月に入り、東京都内のコロナウイルス感染者数が100人を超えて来ましたね。
経路はいわゆる夜の街が多く20~30代が多いそうですが、もはやコロナの報道になれてしまい実際の詳細な情報はよくわかりませんね。

無作為に選んだ人の抗体検査の結果は1%以下ではありましたが、なんとなく感染が収まってはいないコロナ禍にある昨今です。

自動車の業界でも、メーカーの業績が悪化しているのは報道されていますが、その反動なのか中古車市場で価格が上がりつつあるそうです。

モノの値段は需要と供給で決まるので、どんなに良い製品でも大量に生産され手に入りやすくなれば価格は下がっていきます。
逆に需要はあるのに市場に数がすくなくなれば価格は下がりにくくなるものです。

ベンツSクラス、Cクラス、Gクラス、GLE買取価格

グラフで過去のデータを見やすいナビクルを見てみました。

https://www.navikuru.jp/souba/mercedes-benz/s-class/

2017年 ベンツ Sクラス 走行距離5万キロ以下 S400 ロング
新車価格1044万円 317.9万円(残存価30%)
カーセンサーでの小売り最安値 S400 759万円(AMGラインオプション付き)

Sクラスもモデルチェンジしてから早7年。古さは感じさせないですが、残価率は安くなっています。
ナビクルの買取相場はどうだしているのかわかりませんが、小売価格はやはりSクラス。だいたい500万以上でした。(グレード不問)

2017年 ベンツ Cクラス 走行距離5万キロ以下 C200 アヴァンギャルド AMGライン
新車価格531万円 162.9万円(残存価31%)
カーセンサーでの小売り最安値 C200 269万円(レザーパッケージオプション付き)

Eクラスは多くの車種があるためかグラフがありませんでした。
販売台数も多いCクラスは買取相場は安めでした。買う方で見るとエントリーグレードのC180が多く見られる様子。

2019年 ベンツ Gクラス 走行距離3万キロ以下 G350d
新車価格1,083万円 822.8万円(残存価76%)
カーセンサーでの小売り最安値 G350d 1,435万円(ラグジュアリーパッケージオプション付き)

Gクラスは小売価格も条件は違えど1000万超え!新車価格より高くなっていました。
それもそのはず、新車はディーラーでも試乗車がないくらい供給が少ないです。
さらにコロナの中で生産の滞りがありえる世の中です。
元々リセールバリューが高い車筆頭のGクラスですので高いですね。

2017年 ベンツ GLE 走行距離50000キロ以下 350d 4MATIC
新車価格803万円 335.5万円(残存価42%)
カーセンサーでの小売り最安値 350d 518.8万円(レーダーセーフティパッケージオプション付き)

最近フェイスが変わったモデルチェンジ後のGLEを街中で見かけたので調べてみました。
メルセデスベンツのSUV GLE。
SUV人気でダイハツの軽自動車でさえXなんとかが発売されていておもしろいですね。(3気筒 FFか4WD選択)
Gクラスを見てから比較してしまうと意外と低い印象でした。

買取相場低いのに中古車小売りは結構高いという

相場は遅れてくる物ですが、ベンツの小売価格は結構高いようです。
なのに買取相場価格は小売価格と比較してしまうと安いという・・・

もちろん車によってそれぞれ色も使い方も違うのでひとえには言えませんが、買取は安く、中古車小売りは高くなっているようです。

コロナの影響が実質続いている昨今、厳しい時代です。

カテゴリー

Tags

最新の投稿