2019セダン競合車種比較ベンツSクラス/BMW7シリーズ/アウディA8/レクサスLS/etc..

2019セダン競合車種比較ベンツSクラス/BMW7シリーズ/アウディA8/レクサスLS/etc..

高級セダン比較2019現在

今回はセダンタイプをメーカー別に比較して見ました。

筆者もあまり若い世代ではないので、車というと・・・セダンが思い浮かびます。

メーカーを代表する車種で比較して見ました。

著作権の関係で画像は多く載せられませんが、自動車選びの情報比較にご活用ください。

車格は全長5mを超えるFセグメントにあたります。

昨今の車は電子化が進み運転席まわりも、大きなディスプレイとタッチパネルが採用され操作できるようになっています。

ラグジュアリーセダンは内装の豪華さもポイントで、先進性と広い室内、威厳のある内容になっています。

ベンツSクラス(2013~/W222)

メルセデスベンツのフラッグシップモデルは今でもSクラスです。高級車の代名詞的存在で、大きなボディと威圧感から高いブランド性も持っています。

全長5125mm/全幅1900mm/全高1495mm。

2018年にはフロントのエアインテークが2本にマイナーチェンジされています。

価格幅は¥11,380,000~¥34,270,000(税込)とAMG S65を頂点に多くのグレードがありディーゼルやISG(電池ハイブリッド)搭載モデルがあります。

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/s-class/saloon/explore/model-year-update.module.html

メーカーカタログはこちら

BMW 7シリーズ(2015~/G11)

BMWの特徴であるキドニーグリルが7シリーズにももちろん採用されています。

BMWといえば3シリーズですが、あえて7シリーズをチョイスするセンスも良いと思います。

価格帯は¥10,148,148~¥23,361,111(税込)とメルセデスベンツと同じく上位にはMが付くスポーツグレードがありディーゼルやハイブリッドがあります。

https://bmw-japan.jp/7-series/

メーカーカタログはこちら

アウディ A8(2018~/D5)

アウディが誇るビッグフォーマルセダンがA8です。

アウディの特徴はなんといってもブランドを代表するフルタイム4輪駆動「クワトロシステム」です。

全グレード4輪駆動が採用され、ブレーキ回生システムが搭載されたハイブリッドモデルになっています。

¥11,400,000~¥16,400,000(税込)

https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a8/a8.html

メーカーカタログはこちら

レクサスLS(2017~/XF50)

2006年~ 日本にも上陸したレクサス。ベースはセルシオでしたが、その後独自の発展を遂げ品質から欧州メーカーとは別の切り口でブランド力を上げています。

2019現在のモデルはフロントデザインが統一された「スピンドルグリル」にチェンジ。セダンとは言えシャープな印象になりました。

https://lexus.jp/models/ls/

LS500h(ハイブリッド) ¥11,214,000円~(税込)

LS500 ¥9,814,000円~(税込)

ジャガーXJ(2009~/X351)

かつてたくさんあった英国車メーカーも現在はジャガーとアストンマーチンくらいになってしまいましたが、(MINIはドイツに)現在でもセダンと言えばジャガーです。

特徴はなんといってもオールアルミフレームでしょう。前モデルの丸目ヘッドライトのジャガー時代からアルミフレームになっており、軽量化が図られています。

2015年後期からヘッドライトがフルLEDになり、ジャガーの頭文字Jを意識したデザインが特徴的です。

https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xj/index.html

¥11,490,000~¥18,870,000(税込) スポーツカーとしても名をはせたXJRの名前が冠された最上位グレードがあります。

個人的には、電子機能などはベンツやアウディに劣る物のジャガーの内装やエクステリアデザインは好みです。

キャデラック CT6

あまり日本では見なくなってしまったアメリカ車から、高級車の代名詞「キャデラック」。

外観もカッコよく欧州車でも日本車でもない独特の異彩をはなっています。

ただネックなのが左ハンドルしかないという。。今後も日本市場に力を入れる!という雰囲気はあまり感じられません^^;

https://www.cadillacjapan.com/ct6/model-overview.html

価格は¥9,990,000(税込)

意外と少ないFセグメント

モデルチェンジされたクラウンも大人気ではありますが5mを下回る全長のためレクサスをご紹介しました。

現在はコンパクトカーやSUV、日本ではミニバンや軽自動車もあり大きな車を選ぶことは少なくなってきていると思います。

とは言え、大きな車は風格も事故時の安全性もありVIPを乗せる車として存在感があります。

さらに上にはロールスロイス、ベントレー、マイバッハがあります。

いつかは所有する喜びを味わってみたいものです。

人気投票設置してみました

お気軽に投票してみてください!

2019ビッグセダン人気投票

カテゴリー

Tags

最新の投稿