ベンツの定期交換部品 価格も調べてみました ディーラー車検などで最低限交換

ベンツの定期交換部品 価格も調べてみました ディーラー車検などで最低限交換

メルセデスベンツ公式サイトに定期交換部品一覧が載っています

http://www.mercedes-benz.jp/myservice/mr_mercedes/answer/a02.html

2年に一度受ける車検の前にも1年点検が推奨されています。
新車でベンツを購入した場合メルセデスケア(通称メルケア)が付いているので定期交換部品は無償で直せます。

・一般保証 = 製品の不具合が発生した場合、無料修理で行います。
・メンテナンス保証 =法令及びメーカーが定める定期点検、メーカーが指定するオイル類などの定期交換部品およびブレーキパッドやファンベルトなどの消耗部品の交換を無料で行います。
・24時間ツーリングサポート =万一の事故や外出先での故障の際に、お電話一本で様々な手配を無料で行います。

もちろんすべてを直せるわけではありませんが新車購入後3年は車に瑕疵があっても格安でメンテナンスを受けられます。
現代のメルセデスベンツも品質があがり新車で重大な欠陥がありエンジンの載せ替え・・・、止まってしまったなどの修理をするということは少なくなってはいますが。

今回は定期交換部品の機能と価格を調べてみました。
パーツ単体はネットでも買えますが、ディーラーや整備工場でメンテナンスをすれば当然工賃やエンジンの清掃、サービス料なども加味されます。

定期交換部品/消耗部品の交換・補充の一覧表

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/being-an-owner/service/mercedes-care-detail/warranty/maintenance-list.html

主な定期交換部品・油脂類

  • エンジンオイル
  • エンジン・オイル・フィルタ(オイルエレメント)
  • ワイパー・ブレード
  • ダスト・フィルタ(エアコンフィルター)
  • チャコール・フィルタ
  • コンビネーションフィルタ
  • ブレーキ液(フルード)
  • スパーク・プラグ
  • トランスミッション・オイル(ギヤオイル)
  • トランスミッション・オイル・フィルタ

主な消耗部品

  • ファン・ベルト(Vベルト)
  • ブレーキ・パッド
  • ブレーキ・パッド・センサー
  • ブレーキ・ディスク

上記以外の消耗部品

  • ウィンドウウォッシャー
  • バッテリー
  • タイヤ
  • エンジンオイル

    車の血液ともいえるオイル。
    日本車はオイル交換も忘れるほどですが、輸入車は基本交換が必要です。(当然日本車もですが)
    少しづつ消費され減ってしまったり、汚れも増してきます。
    価格はまちまちですが純正は1L 2000円~

    エンジン・オイル・フィルタ

    エンジンオイルをろ過し汚れを取りぞのく機能があります。
    当然、使い続けると目が詰まり汚れてきます。
    費用3000円~

    ワイパー・ブレード

    ワイパーも使い続ければ劣化します。
    水はけが悪いと視界が悪くなり危険です。
    費用3000円~

    ダスト・フィルタ/チャコール・フィルタ/コンビネーションフィルタ

    エアコンフィルターです。古い車などで代えていないとかび臭かったり、目詰まりしてエアコンの効きが悪くなります。
    2個6000円~

    ブレーキ液

    ブレーキの踏み込みをパッドに伝えブレーキを作動させるオイルです。
    減ってくるとブレーキの効きが悪くなり、他のパーツにも悪影響を与えます。
    費用1L 2600円~

    スパーク・プラグ

    エンジンの点火プラグです。
    価格はエンジンによっていろいろあります。
    工賃もかかります。

    トランスミッション・オイル

    ミッション内の油圧制御を行うオイルです。
    費用1L 2000円~

    トランスミッション・オイル・フィルタ

    ミッションオイルのフィルターです。
    価格はミッションによりまちまちです。
    壊れるとポイントで代えても直らないのでオイルを含め周辺も点検が必要です。

    ファン・ベルト(Vベルト)

    エンジンの回転の力を発電機やパワステ等に伝える重要部品です。
    ゴム製品なので、ひび割れがあると危険です。
    同時にテンショナーもへたってくると張力が弱まってしまいます。

    ブレーキ・パッド/ブレーキ・パッド・センサー

    ブレーキパッドが減ってくると警告灯が点灯します。
    ブレーキの効きに影響を及ぼすので定期交換の定番箇所です。

    ブレーキ・ディスク

    最近の車は挟み込んでスピードを弱めるディスク型ブレーキがメインになっています。
    当然ブレーキが減ると効きが悪くなります。
    パッドを交換するとブレーキ鳴きが結構あります。

    ウィンドウウォッシャー

    ガソリンスタンドでもできますがウォッシャー液も補充しておきたいところです。

    バッテリー

    物によって高級な物もあり価格もそれぞれです。
    バッテリーの電圧が下がると警告灯がでます。
    性能が下がるとエンジンがかかりにくくなったり、ライトが点かなくなります。
    オーディオなどで電力を多く使う場合は、性能の良いバッテリーを搭載しましょう。

    タイヤ

    タイヤももちろん定期交換部品です。
    ひび割れがあると大変危険です。
    車の使用頻度によってチェックしましょう。

    定期交換は最低限・・・

    定期交換部品を調べてみましたが、エンジンやミッションなどそこに至るまでの作業やパーツもかかってくるのが車の修理です。
    ベンツの車検は基本的に高いですが、定期交換部品+税金+工賃+車それぞれでどこまで直すか・・・ということになってきます。

    ただ、消耗品は安全にかかわるところなので車を使用する場合は必須です。
    ベンツはお金がかかります;

    お金に余裕があれば、価格が下がる前に売却して乗り換えするというのもあります。
    お金に余裕があればですが!

カテゴリー

Tags

最新の投稿