ベンツ買取・売却・査定について

ベンツ買取・売却・査定について

ベンツの査定価格

車の乗り換え時、過去に乗っていた車は下取りという形で売却すると思います。

ディーラーであったり、一般販売店であったり、乗りつぶしていれば廃車もありますが、大体の方は売却するでしょう。

売却時、必要なのはまずは査定です。

車と言ってもメーカーからグレード、さらに走行距離はそれぞれです。

目に見える状態を専門家が査定し価格を査定します。

専門家が査定をしたからそれが絶対というわけではなく、10万キロを超えて0円と査定がでても、他で「100万円だして買う」という人がいればその車の価値は100万円になるのが世の中です。

エアロパーツや良いオプションが付いている等、価値が上がる場合もあります。

基準はオークション相場価格

査定は人それぞれではありますが、基本的に車の査定は「全国オークション相場」を基準に決まります。

車のオークションとは会員費を払い参加できる車市場です。落札も売却も日本のみならず世界中から、日本の中古市場に参加する業者がいます。

わざわざ会員費を払い参加する一般客はあまりいないと思いますが、業者の付き添い等では見ることができます。

査定では過去の落札価格を基準に、価格が決まりますが、台数が少ない車でデータが少ない車は査定士のセンスとお店の買取後の売却先によって変わってきます。

オークションで売却ではなく、販売できるお店の方が掘り出し物があったりします。

ベンツを売却する場合

日本車に限らず、輸入車ももちろんオークション相場があります。

販売台数が増え、一般普及車になりつつあるメルセデスベンツもオークション市場には多く出品されています。

まだまだ高級車というブランドはありますが、数十年前のように価格が高いまま・・・ということは残念ながらないようです。

新車で購入したメルセデスベンツが半年後大きく価値が下がっている・・ということがざらにあります。(販売店の利益を引いても-100万等)

しかし、売却はいずれはするので次の新車購入時値引き等の交渉に使ったり・・・ということが考えられます。

一括査定の良し悪し

ベンツ買取相場等で検索すると一括査定に誘導するアフィリエイト記事が多く見られます。

ひとつの箇所で情報を入力し、多数の業者にデータのみで査定させ競わせ、一番高いところに売却できる・・・という仕組みです。

しかし、車は上述のように実車査定が基本です。データのみで高い値段をだしても実車査定で減額されることはよくある話です。

数々の業者が参加しているといってもそれぞれに対応しなければならず、多くの時間を消費します。

5ch(元2ch)等で一括査定の評判を見てみても、電話が多くかかってくる等、手間がかかるようです。

個人情報を売ってアフィリエイトにお金を払っている・・・そんな気がしてならないです。

一番は信頼できるお店と付き合う事

整備や販売、その他もろもろ信頼できるお店があるかどうかが重要です。

 

 

カテゴリー

Tags

最新の投稿