ベンツ買取 相場表(2020)価格・値段 調べられるサイトを集めてみました

ベンツ買取 相場表(2020)価格・値段 調べられるサイトを集めてみました

長引くコロナウイルスの影響 ベンツを売って現金化

引き続きコロナの影響が長引く昨今。
飲食店やイベント関連をはじめ多くの業態に、社会に影響を与えています。

補正予算も組み換えになり、10万円給付も含め5月1日には新しい取り組みが決まってくるようです。

自給自足で暮らしている人はほぼいないと思いますので、全ての人の仕事に影響がでて、経済が縮小してしまうと生活資金も困ってしまいます。。

ベンツ車検のブログですが、様々なベンツにまつわるトピックを集めて参りましたが、今回はベンツの売却について調べてみました。
個人としては車は生活の足ですので(特に地方は)、売却するのは厳しいですが、会社経営などで経費対策として車両運搬具を所有していれば売却して現金化することも検討されると思います。

ベンツの買取・売却の基本

基本的に高級車のメルセデスベンツですが、古く走行距離が長い物やメンテナンスをしていない物は当然安いです。
カーセンサーなどで中古車価格を見ても、普及車のCクラスなどは程度が良い物も200万円近辺でもあったりします。
さらに登録販売台数を伸ばす為ディーラーが自社登録と呼ばれる販売したことにして中古車(新古車)として市場や業者に流している物もあります。

買取市場は業者間オークションが定着しており、為替や株式のように取引価格は日々変わっています。
そのうえ、昨今のコロナの影響により、輸出入が少なくなり物によっては値段の付かない車もでてきているようです。

現状、車を査定しても価格を教えてくれない業者もあるようですが、まずはネットでざっくりと調べられるサイトを見てみましょう。

ベンツ買取 相場を掲載しているサイトまとめ

ベンツ買取相場 ズバット

下の方へ行くとグレード事に査定相場・買取金額が見れます。
人気のゲレンデGクラスで見るとAMG G63がないのが「?」な気がしますが。

Sクラス AMG S63で見てみると

155万円~161万円※です!
※年式:2010年/平成22年、走行距離:20,000kmとして算出

や、安い・・・と思いましたが、2010年。

古い車を売るときに参考にした方がよさそうです。

Cクラスも調べてみました。

151万(C180)~330万(C63)

AMG C63が330万!?
めちゃくちゃ残念な数字が掲載されているのですが・・・
これならズバットの一括査定に依頼しない方が良いのではw

https://www.zba.jp/car-kaitori/satei-souba/maker/mercedes-benz/

ベンツ買取相場 ガリバー

ここでも下の方へ行くとクラスから買取相場を見れます。

ためしにGクラスを見てみると

785.9万円

ベースグレードのG350dも現在新車は11,920,000円(税込み:公式サイトより)。
台数も少ないのに割とがっかり価格な感じが・・・

もちろん旧型は価格は落ちるのはわかりますが。

参考にCクラスを(示準化石のような)

最高買取額 341.0万円

ズバットと近い数字に。平均ではなく最高額なのに低いですね。
事例が少ないのかAMG C63は入っていないようではあります。

https://221616.com/satei/souba/mercedesbenz/

ベンツ買取相場 gooネット

またまたGクラスで見てみましたが、

¥1,276,000~¥7,880,000

写真も現行モデルですし、妥当な金額な気がします!

他にもCクラスを見てみました。

¥31,000~¥3,216,000

まぁ、グレードも多く登場からも歴史があり幅が広いのでしょうがないでしょうか。最高でも300万円代という数字が掲載されていました。

ベンツ買取相場 カービュー

メルセデス・ベンツ Gクラスの買取相場データ(2020年4月現在)平均査定価格373.8万円

安い。

メルセデス・ベンツ Cクラス セダンの買取相場データ(2020年4月現在)平均査定価格105.3万円

実用車とは言え切ない。

https://kaitori.carview.co.jp/souba/mercedes-benz/

ベンツ買取相場 車選び

C200 最高268万円
G350d 最高894万円

未来の価格予想グラフが付いているのですが、右肩下がりで売却をあおっているのでしょうか?

https://www.kurumaerabi.com/kaitori/marketprice/carmaker/12/

ベンツ買取相場 ナビクル(株式会社エイチームライフスタイル)

一括査定サイトで、価格相場がグラフ化されていて見やすいです。
プルダウンで直近の年式のみ変更できる。

https://www.navikuru.jp/souba/mercedes-benz/

安さの現実に打ちひしがれそうになりましたが

この経済不況真っただ中、自動車も減産になり売れない予想は当然ではありますが、2020年春 安い印象を受けました。

さらにコロナ禍が長引けば価格がさらに下がることもあるとは思います。
逆に暖かくなり、東アジアの某国のように落ち着く可能性もあります。

車もステータス性から実用性、車種もグレードも使い方によって様々ですが、サイトによっても若干違う結果となりました。

中古車市場から脳内逆算シミュレーション

ざっくり価格相場調べは参考にはなりますが、さらにもうひとつ買取相場調べの方法があります。

このブログでも過去に少し触れている方法ですが、中古車の小売り市場をまずはチェックすることです。

カーセンサーやgooネットを調べてみて、同じグレード、近いスペック、カラー、走行距離があれば参考にします。
そこから手数料やお店の利益を差し引きシミュレーションします。

中古車が市場にない場合は、希少性があるということにもなります。

購入のポイントではありますが、価格で見れば、リセールバリューなども計算できます。

3年を目安に

残価率計算 (現在の価格/当時の新車価格)×100

メルセデスベンツではGクラスがリセールバリューの高い車として評判です。(約70%程 希少性があれば80%も)

結局1台1台専門店で査定してもらう方が

数年前は一括査定のアフィリエイトの人気があったようですが、情報が多くの業者に渡り営業電話が多いということになり現在は敬遠されているようです。
ディーラー下取りは、購入前提なので場合によって交渉の材料になってしまったり。
量販店査定は仕組みも確立されており乗用車ならすぐですが、上記のような結果にならなくもないと思います。

不要不急は自粛の中とは言え、結局、実車で査定してもらった方が確実ではあります。
珍しい車、新しい車、値が付きやすいGクラスはもったいないので専門店でしっかりと査定したもらうほうがよさそうです。

カテゴリー

Tags

最新の投稿