ベンツ Vクラス 車検費用 輸入車ミニバン V-class/燃費・口コミも

ベンツ Vクラス 車検費用 輸入車ミニバン V-class/燃費・口コミも

実用的で人気のミニバン

日本ではもはや一般的になったミニバン。
数十年前はミニバンというと社用車のイメージがあり、荷物を多く詰め込める働く車でした。

欧州でもミニバンはありますが、ステーションワゴンが一般的です。
メルセデスベンツにもセダンタイプのほかにワゴンが設定されています。

アメリカでは、ミニバンよりもピックアップトラックやSUVがそのポジションにあり、一般的ではありません。

日本だけが、人気のカテゴリーではありますが、トヨタのハイエースなどは残念ながら盗難にあう車の上位であったり、外国に輸出され実用車として人気のようです。

■盗難が多い車のランキング2019
https://tcsa.jp/knowledge-in-various-matters/post-4132/

日本ではホンダのステップワゴンを皮切りに、家族でお出かけする車として新たな価値観が生まれました。
日産のエルグランドやトヨタのアルファードなど上質な乗り心地を備えたミニバンの高級車化もあり常に人気があります。

2019上海モーターショーではレクサスブランドのミニバン「LM」の発表もあり今後は中国でも人気が高まっていくのでしょうか。

輸入車のミニバン ベンツ Vクラス

photo by Robert Basic

日本車がメインのミニバン カテゴリーですが、輸入車のミニバンと言えばメルセデスベンツVクラスがあげられます。

登場は古く、vitoという名前で90年代から存在していました。

VWのような初代(wikipediaによるとVWのディーゼルエンジンモデルもあったとのこと)から、Aクラスに近いフロントデザインの2代目Viano(W639型)とモデルチェンジを重ねてきました。
2020年現在はW447型になり、デザインも一新され、内装もさらにメルセデスベンツらしいラグジュアリーな物になっています。

箱型のミニバンというと、ベンツの他にはプジョーの1007や、リフターあたりになります。5008という物もありますが若干車高がありSUV然としています。
他にはシボレーアストロなどもありましたが、並行輸入もなくすっかり見なくなってしまいました。

ミニバンに近い形状のものは他にもありますが、Vクラスが輸入車ミニバンとしてはベターな存在になっていると思います。

ベンツ Vクラス 車検費用は

ベンツを主に調べたブログになっていますがメルセデスベンツ車検.comというサイトなので・・・車検代を調べてみました。

vクラス重量

Vクラスの重量はだいたい2t超えなので、

法定費用は¥68,630~¥84,630です。(13年未満~18年未満)

ここに点検料やパーツ交換代が入り14万~30万くらいでしょうか。
当然、走行距離が多く交換箇所が増えればもっと高くなることはあると思います。

基本ディーゼルエンジンなので、直せるか整備工場にお問い合わせもした方が良いと思います。

ベンツ Vクラス キャンピングカーもある

マルコポーロという、キッチン台付きのキャンパーも欧州で発売されているようです。
日本国内では、キッチン台は付いておらず、ルーフベッドのみが付いたモデルが受注生産されていました。

キャンパーはミニバンとはまた毛色が違うカテゴリーですが、メルセデスベンツはあらゆる車種に進出してますね。

意外と高いリセールバリュー ベンツ Vクラス

カーセンサー

輸入車ミニバンの筆頭とはいえ、日本車がメインのカテゴリーなので台数は少ないのですが、カーセンサー等の中古車市場を見ると結構高いです。
高いという事は、値下がり率が低くリセールバリューが高いという事でもあります。
売却するときはディーラー下取りより、専門店などいろいろなお店に買取査定依頼してもよさそうです。

ベンツ Vクラス 口コミ/評判

https://www.carsensor.net/catalog/mercedes-benz/v_class/review/

燃費に目を瞑れば最高の一台です

燃費面はハイブリッドの国産車にはかなわないでしょう。
ですが、質感はやはり欧州車の方が勝っていると思います。(細部のメッキパーツとかよく見ると)

エンジンは不満が有る程では有りませんが、低速でのトルクの不足を感じます。フル積載での使用ではメルセデスらしく無い鈍足な走りになるのではないでしょうか。

ディーゼルならでは低速から力強いのは実用車としても勘所を抑えているのはさすが。

快適装備てんこ盛りの国産を選ぶか、安定感のある走りと安全性をとってVクラスを選ぶか、ですね。

それぞれの価値観にはなりますが、輸入車を選ぶのはスタイルでしょうか。(ぱっと見でかっこいいとか、ブランドとか・・・)
快適装備とスペック、オプション・・・機械ですからお金を払えばより良い物が買えます。

やはり、覚悟はしていましたが故障が多かったです。大きなものだとラジエーターの破裂や、エアサスペンションの異常?など、細かいものはもう覚えていられないくらいです

年式が経つと輸入車全般は交換箇所が多くなりますね・・・

家族様にと購入してくれました。私は運転しませんが父母が運転をしていて座席が高いのでみやすくて運転しやすいみたいです。

ファミリーカーでVクラスはなかなかないので、リッチな感じがしますね。

完璧な一台!とはなりませんが、それぞれのスタイルを感じる輸入車ミニバン Vクラスです。

カテゴリー

Tags

最新の投稿