個人売買 車サイト リンク

個人売買 車サイト リンク

個人売買 車 を調べてみました。

2021年8月。アジアでのコロナデルタ株の影響で減産発表となったトヨタを筆頭に、各自動車メーカーは軒並み新車生産に支障がでています。
半導体不足も解消されておらず、奪い合いが続いているとのこと。

オリンピックが終わり、次はパラリンピック。
デルタ株蔓延による医療崩壊等、先行き不透明どころか、危機的状況の現在日本です・・・

今回は、新車がないなら中古車。
業者買取は中抜きで信用できない!

ということで車の個人売買サイトを調べてみました。

以前にも調べたことはありますが、新しいサイトも登場しているようです。

個人売買と言わず、フリーマーケット(フリマ)と軽やかに呼ばれている感じもしますね。

基準期間の課税売上高が1,000万円を超えている
特定期間の課税売上高が1,000万円を超えている

https://www.smbc-card.com/hojin/magazine/bizi-dora/tax/individual_business_owner_tax.jsp

個人間だと1000万を超える売買でなければ消費税フリーです。
個人間売買する場合、買う方も売る方も現金やり取りするとすれば、100万円以下くらいが妥当な気がします。
現ナマを数えたくないです。

ガリバーフリマ

https://gulliver-frima.com/

検索すると1位が大手ガリバーの運営するガリバーフリマ。
手数料を多く払ってサポートを受けることもできるようです。
https://gulliver-frima.com/services

カババ

https://www.car-byebuy.com/

前回調べたときに見なかったカババ。比較的新しいサイトかもしれません。
運営は株式会社アラカンというカーシェアサービスも行っている名古屋の企業だそうです。
ベンツで検索すると2000万くらいの「Gクラス 400d」も表示され1000万円超えの高額車両も見受けられます。

ジモティー

https://jmty.jp/

前回も表示された、日本版クレイグリスト的なサイト「ジモティー」。
私は利用したことが1度もないのですが、いろいろと物々交換するためのサイトという認識です。
ベンツで検索すると用品の方が多く出てきており、車は提携と書いてあります。(gooネットへ飛ばされます。)

オートインフォ

https://www.at-info.jp/

オートインフォも前回(2020年2月)同様、運営していたサイトですね。
UIなども変わっていないように思います。

手数料は完全成約ベースですので、買取取引が成立するまでは費用は一切発生しません。

ざっと見て手数料は書かれていませんでした。ログインすると見れるのでしょうか。

運営:名古屋の企業 株式会社LOTUS

ネットGS

https://net-gs.com/

ここも前から運営していました。継続して運営されているようです。
トップページで目に入るのはやはり軽自動車ですね。

広島県の会社が運営しているようです。

クリマ

https://kuruma-furima.jp/

車フリマを略してクリマだそうです。
クリマで検索すると、個人クリエイターズマーケット「Creema(クリーマ」も引っかかるので検索で不利になっていそうな気がします。
成約手数料は5500円+振込手数料220円だそうです。(2021年8月)

Ancar(アンカー)

https://www.ancar.jp/

比較的前からあった印象のアンカー。
「個人売買 車」で検索すると2ページ目に落ちていました。
同じようなサービスならまずは集客がないと回らないと思うので2ページ目に落ちてしまったことは不利な気がします。
SNS時代でもあるので、ツイッターでも買う人募集できちゃいますしね。

元々は整備工場の会社らしく整備の面も力を入れているようです。

クルマのえん

https://kurumanoen.com/

運営会社:株式会社オートバックスセブン
大手が運営するサイトらしく、ラインナップがよさそうです。
ベンツ SLCやトヨタスープラなどが見受けられました。(2021年8月)

車 個人売買サイト趨勢

■カーにゃんです(閉鎖)
https://carnyandes.com/search/buy.html

ネッツトヨタ神戸が運営する中古車販売サイト『カーニャンデス』

■carnny(閉鎖)
https://market.carnny.jp/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000013661.html

■ウルゾー(閉鎖)
http://www.uruzoo.com/

矢野経済研究所(水越孝社長、東京都中野区)は、2020年の国内自動車アフターマーケット市場が前年比1・8%減の19兆14億円と2年連続で縮小したとの推計結果を発表した。

https://www.aba-j.or.jp/info/industry/15196/

車版メルカリというか、ユニコーン企業を目指してベンチャー企業が現れては消えなかなか定着していないように思います。
個人的にも売る方も買う方も自分でやるのはめんどうなのでお店を利用する派です。

車の個人売買というと欧米で旧車などを新聞広告に載せたり、路上に止めて看板を出したりして売買したりしているイメージです。
日本人は、ボディに少しでも傷がついたり、ねじ一本転がっているだけでも不安に思うので現状渡しの場合メンテナンス面も不安なところかもしれません。
メンテナンス面も面倒見てくれると言ってもそれならさっさと売却したほうが早いですしね。

車個人売買 サイト おすすめ

基本的に個人売買はどちらかというと否定的な私ですが、集客力があるサイトが一番良いと思います。
ですので、ガリバーフリマが良いと思われます。

カテゴリー

Tags

最新の投稿