自賠責保険が2021年4月より改定 安くなった?

自賠責保険が2021年4月より改定 安くなった?

自賠責保険とは

自賠責保険(共済)は、交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補てんすることにより、基本的な対人賠償を確保することを目的としており、原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車に加入が義務付けられています。

なお、無保険車による事故、ひき逃げ事故の被害者に対しては、政府保障事業によって、救済が図られています。

https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/jibai/insurance.html

自賠責保険は自動車に乗るとき強制的に加入する保険です。
共済保険の形でみんなでお金を出し合って積み立て、トラブル時その資金から度合いに応じて補填されます。
支出が多くなれば保険料が高くなり、支出が抑えられれば保険料も安くなるという具合です。

自賠責保険(共済)への加入の窓口

自賠責保険(共済)は、損害保険会社(組合)の支店等をはじめ、クルマやバイクの販売店などで取り扱っています。

https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/jibai/policyholder.html

加入に必要な書類

車検のある車種
自動車検査証(車検証)、現在契約されている自賠責保険(共済)証明書
車検のない車種(原付、125ccを超え250cc以下のバイクなど)
原動機付自転車…標識交付証明書、現在契約されている自賠責保険(共済)証明書
125ccを超え250cc以下のバイク(軽二輪)…軽自動車届出済証、現在契約されている自賠責保険(共済)証明書

主に車検の時同時に自賠責保険を支払い更新します。

整備工場で車検を取得し、整備記録簿と一緒に自賠責保険(共済)証明書を車の中に備え付けておきましょう。

自賠責保険約款の改定について(2021年4月1日改定)

第7条(事故の発生)
事故の発生時に保険契約者および被保険者が保険会社に通知する事項について、自動運行装置の作動状況(ON/OFF)を明記
第14条(保険金の請求)
被保険者による保険金の請求があった場合に、自動運行装置の作動状況に応じて保険会社が被保険者等に調査への協力を求めることがある旨を明記

https://www.ms-ins.com/personal/car/jibaiseki/

これからの自動運転システムをにらみ改定がありました。

また事故減少により、2021年4月1日から保険料が値下げされました。
2017年4月以来、さらなる値下げで嬉しいですね。

保険期間 24か月
乗用車 20,010円
軽自動車 19,730円

全体で6.7%の値下げだそうです。

https://221616.com/car-topics/20210120-102813/

メルセデスベンツの場合

¥25,830→¥20,010

2.0t以下登録から13年未満の場合の法定費用

自賠責保険料+車両重量税+印紙代

¥60,430→¥54,610

車検の時、若干安くなりましたが、これにお店の点検料、パーツ代や工賃、サービス料に消費税10%がかかるので・・・たいして安いとは言えない金額です。(直すところが少なくても最低限12万ほどかかる)

さらにいわずもがな任意保険や駐車場代、高騰した燃料代もあわせれば費用はさらに増えますね。
車の維持大変です。

自賠責保険 補償内容

傷害による損害

傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われます。

限度額
被害者1名につき120万円

https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/jibai/payment.html

後遺障害による損害

後遺障害による損害は、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等が支払われます。

限度額
神経系統の機能や精神・胸腹部臓器への著しい障害で、介護を要する障害

被害者1名に付き
常時介護を要する場合(第1級)4000万円
随時介護を要する場合(第2級)3000万円

上記1以外の後遺障害
被害者1名につき第1級3000万円~第14級75万円

死亡による損害

死亡による損害は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料が支払われます。

限度額
被害者1名につき3000万円

人を死なせてしまった場合、本人や周りに人にも人生に大きな作用を及ぼしますね・・・
ほとんどの人は何千万円も払えません。

死亡事故は減っているとはいえ、安全運転は非常に大事です。

自賠責保険は自転車も

都道府県によりますが、自転車も自賠責保険加入が義務化されています。(月々数100円くらい)

https://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/obligation/

飛行機や船、電車より危険が多いのが路上

任意保険にも加入し補償が手厚くなればもしものトラブルに対処しやすくなります。
しかし、なにも起こらなければ自動車保険は基本的に掛捨てです。

※積み立て型自動車保険を検索するとあまりでてこないのですが、あっても基本2年以上の契約なようです。

車に乗らない人は、費用に感じてしまいますが、仕事で使わなければならない方で事故にあわれた場合は死活問題になってしまいます。
やはり、保険は必要でしょう。

国土交通省のサイト(やや見づらい)
https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/index.html

カテゴリー

Tags

最新の投稿