2020年9月発表 ベンツ Sクラス 新型 (W223)を見てみましょう(カッコイイ?ダサい?)電子制御多め

2020年9月発表 ベンツ Sクラス 新型 (W223)を見てみましょう(カッコイイ?ダサい?)電子制御多め

新型Sクラスを見てみましょう

ちょっと経ってしまいましたが、メルセデスベンツの新型Sクラスが本国ドイツにてお披露目されました。

◆新型ベンツSクラス驚天動地のおもてなし 世界最高級車の真価!!
https://bestcarweb.jp/news/192760

メルセデスベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」が、2020年9月2日、本国にてフルモデルチェンジした。
新世代デザインによる全面刷新のスタイリングをはじめ、第2世代に進化した新MBUXや3D表示のヘッドアップディスプレイ、強化された先進安全機能など、話題の宝庫となっている。

開発中リーク画像などでもあった、フロントフェイス。
ぜんぜん違いますが、新型CLAに近いような丸みを感じるデザイン。でかいフロントグリルはトレンドですね。噂には見栄が大事な中国を意識しているとかいないとか・・・
AクラスやCLS系の釣り目まではいかないデザインです。

どうしてもデザインに目が行きますが、すごく変わったという印象は受けません。

リアデザインも普通のセダン。
W222の方がクラシカルな印象がありました。

上記の記事によるとサイズは

ボディタイプは、標準ボディとロングボディの2種類を設定。標準タイプが、全長5179mm×全幅1921mm×全高1503mm、ホイールベース3106mmと現行型に比べ、ひとまわりほどサイズアップしている。世界的に人気が高いロングボディは、ホイールベースが110mm延長されるため、全長が5289mmまで拡大されている。

ロングボディはさらに大きくなっているらしい。
安全第一とは言え、日本だとでかい車は取り回しが面倒ですね・・・(ヨーロッパもせまいですが車自体が市街地から締め出されています。)

エクステリアデザインより、ムービーで推しているのはタッチデバイスなど電子制御。
今まであった、コンソール中央のコマンドシステムなども取っ払われ、大きなディスプレイをタッチ操作やボイス操作するようです。

ジェスチャーでルーフをあけるカットがあるのですが、かっこいいですね。ちょっと未来っぽいです。

時代の流れか当然プラグインハイブリッドも用意されるようです。

スマホとも連携され、充電具合がわかる?

後ろの席にもタッチデバイスがあり、いろいろと操作できます。

気になる価格は前モデルの登場時と同じく、50万~100万円ほどアップすると予想。スタート価格は1200万円からになるだろう。

ムービーにも出てくる方々は40代以上と思われる男性&おばさんだったりします。
Sクラスですからエグゼクティブな人たちが乗る車ですね。

さらに大きなボディになったようでなおさらです。(1周回ってヤングな青年実業家みたいな人が乗ってる場合もある気はしますが)

日本で見られるのは来年でしょうか。

メルセデスベンツのフラッグシップですから、街中でも見れる機会はあると思います。
Gクラスも新型は賛否両論ありましたが、個人的には丸みのある現在の方が良いと思います。

新型Sクラスも楽しみですね。
AMGクラスもエクステリアがどうなるのかも気になります。

社長様お乗り換えに1台いかがでしょうか?()
(経費で^^;)

カテゴリー

Tags

最新の投稿