GクラスもEV化

GクラスもEV化

【悲報?】Gクラス完全電気自動車化へ


※写真はEQC(wikipedia)

Gクラス 最終的には完全に電動化へ
ダイムラーのボスであるオラ・ケレニウスによれば、メルセデス・ベンツGクラスは最終的には完全に電動化されるという。

ケレニウスは、ベルリンでの会議でGクラスの電動派生車種について述べた。これは、ダイムラーのデジタル化部門の責任者であるサシャ・パレンバーグがツイッターで明らかにしたものだ。記録に残る形では、ダイムラーがこのことに言及するのは初めてのこと。

■GクラスはEVに ダイムラーCEOが明言 「EQG」名乗るか 2モーター式が濃厚
https://www.autocar.jp/news/2019/11/15/439233/

台湾在住のソーシャルメディア担当サシャ・パレンバーグ氏のツイート

明言というほどではないと思いますが・・・

EVのGクラス、EQGは2モーター化とのこと。
ホンダのNSXがイン ホイールの3モーターハイブリッドシステムでしたよね。(インホイールモーターではなくなったようですが・・・)

過去にもGクラスのコンセプトカーがありました

メルセデス・ベンツが2025年にGクラスは、どんな姿になるかというコンセプトのデザインスタディカー『Ener-G-Force』を発表しました。

https://news.livedoor.com/article/detail/7154257/

水素燃料電池車(FCV)ということで、電気自動車の一種であります。
SF映画に出て来そうなデザインです。

時代の流れからGクラスの電化は当然あると思われます。

モーターショーでもヴィジョンEQSが公開されました

https://response.jp/article/2019/10/24/327932.html

ダイムラーAGの公式ツイッターアカウントの表紙にもEQシリーズがずらり。
Gクラスまでではなくアクトロスなどのトラックまで、電化は決定的でしょうか。

メルセデスベンツの電気自動車はまずはEQの高級路線から?

民生用で普及を狙う日産リーフやテスラのモデル3などもありますが、メルセデスベンツの場合は1000万オーバーのEQCの発表がありました。
まずは高級機を投入して様子見しながら展開という戦略なのでしょうか。

電気自動車というと毎回電池の問題になりますが。

基本的に電池の技術革新のほかに、軽量化、超省電力化、(未知の)電極の改良・・・お金をかけるだけではなく見つかっていない物も多い分野と思われます。
Co2や窒素酸化物、炭化水素の排出規制からEVにかじを切っている真っ最中です。

欧州排ガス規制についてまとめ

実は環境に負荷がかかったり、原発などの発電所はどうなのか。
大人の事情というか利権や、ロビー活動など様々な面がありますが・・・今後どうなっていくのでしょうか。

個人的にはこれがほしいです笑

ベンツコンセプトカー F700(2007)

4気筒ディーゼルとガソリンのハイブリッド^^;

メルセデスベンツのコンセプトカー Fクラス

個人的にコンセプトカーが好きなのですが。。

上記の記事はぜんぜんアクセスがありません!笑

カテゴリー

Tags

最新の投稿