gクラス ショート G320(1995~2004)調べてみました

gクラス ショート G320(1995~2004)調べてみました

gクラス ショートについて

前回のブログでは現在のAMGモデルを調べてみまして、コンパクトモデルセダンと来ましたが、今回はチョイ古いGクラス ショートを調べてみました。
(クーペ、SUVと続くはずでしたが調べる気持ちが薄れてしまいましたので・・・続きはまたいつかです)

Gクラス W463型 G320

現在のゲレンデヴァーゲンことGクラスのコードネームはW463ですが、20年以上前でもまだW463です。
コードは変わらない物の外観も大きさも変わっていて、オフロード性能も残しつつどんどん街乗りセレブカーと化しているGクラスです。

きれいになりすぎるとちょっと昔のも恋しくなるものです。こういうのでいいんだよ的な。

調べてみるとG320(下位グレード)は1995~2004のくらいの期間存在していました。
上位グレードにはG550があり、Lが付くとロングです。
他にも2ドアカブリオモデルも存在していました。


写真引用:nakhon100

カブリオレモデルは存在は知っていても街中で見たことはありません・・・レア車だと思います。
(余談ですが、日産マーチ カブリオレやシルビア コンバーチブル とかも存在は知っていますが見たことがありませんw)

Gクラス ショートモデルも検索のサジェストに登場したりと人気があるようですが、街中ではあまり見かけませんね。
20年以上前の車なのでメンテナンス費は当然かかるとは思いますが、現在のGクラス(2017近辺)のように中古でも700万~クラスより安くはなると思います。(予想)

カーセンサーで調べてみました。

G320で検索するとあることはあるけど基本ロングが多いですね。
ショートと入れて検索するとたったの5台でした。

価格は500万くらい。

リセールバリューが高い車種として筆頭のGクラス。
ちょっと高いなという印象です。

検索すると普段使いという記事がありますが、基本左ハンドルです。

ひとまずサイズ比較

2004年モデル

G320 全長4040×全幅1810×全高1965mm 3ドア V型6気筒SOHC 3.2L 重量2.5t以下
G320L 全長4490×全幅1810×全高1970mm 5ドア V型6気筒SOHC 3.2L 重量2.5t以下

2018年現行

G350d 全長4660×全幅1930×全高1975mm 5ドア ディーゼル直列6気筒DOHC+ターボ 重量2.5t以下

見た目から一目瞭然ですがショートボディです。現行はでかい。

Gクラス ショート 高い

メンテナンス代(車検代含む)も考えると、600万くらいは必要になりそうです。普通に高い。

コロナの影響で変わってはいますが、日本の古い車は程度が良い物があったり、ノスタルジーから程度の良い旧車は人気から高額になる現状もあります。

アウトドア人気でジムニーやNBOXまで人気だそうですが、価格帯からちょっとGクラス ショートは比較には入ってこない気がします。
トヨタのライズや兄弟車のダイハツのロッキーなんかも人気だそうですね。

ちょっと古い感じが今の時代、逆に良いところもありますが、なかなか手に入れるのが難しい上に普段使いも難しいかなという感想です。
枯れ感のあるオフロードと言えばランドローバー ディフェンダーもかっこいいですよね。

もっとレアですが初代もいいですね。
欧州で探してもらわないとまず手に入らないとは思います。

G300(W460)1980年前半~

サイドステップが無いのもスッキリしていていいと思うのですが・・・昨今の車は安全基準から簡素な車は作られなくなってしまっています。

カテゴリー

Tags

最新の投稿