Mercedes-AMGモデル2020 その3(SUVモデル)

Mercedes-AMGモデル2020 その3(SUVモデル)

メルセデスベンツ AMGグレードを調べてみた(SUV版)

SUVモデルが人気と言われる昨今、たしかに街中でもSUVモデルを多く見るようになってきました。
価格も幅があるとはいえ、やや高いSUV。

開発するメーカーにとっても利益率が上がるため参入するのは自然の流れだと思います。
ポルシェからベントレー、ロールスロイスやランボルギーニ、アストンマーチンまでSUVモデルが揃っています。(あとはフェラーリですが、いまのところ4駆モデルしかでていないですね)

今回は、メルセデスベンツ AMGのSUVモデル(2020 6月現在)を調べてみました。

AMG SUVモデルラインナップ

・GLC 43 4MATIC
・GLC 43 4MATIC+
・GLC 63 S 4MATIC
・G63

と、公式サイトではいまのところGLCとSUVというカテゴリーではないですが、便宜上入っているGクラスの2種類でした。

最大サイズのGLSは2000万円~くらいはしそうなマイバッハモデルが2019年発表され、現在はAMGモデルは一旦お休みの様です。
以前ではAMG GLS 63 4MATICが設定されていました。

ミドルサイズではGLE 43、GLE 63が設定されていました。
今後、マイナーチェンジをしてまた発売されるそうです。

GLAはSUVではなくコンパクトの一覧のようです。

AMG GLC

¥9620000~¥15,090,000(税込み)+オプション だそうです。
一応一番小さいSUVモデルのGLCですが、AMGグレードは約1000万!
結構な価格です。

クーペのAMGバージョンも別に設定されています。(¥9,950,000~¥15,420,000)

3.0リッター V型6気筒直噴ツインターボエンジン(M276)を搭載で、縦型のAMGグリルや大型のフェンダーが付いて外観もグレードアップしています。
イメージでは車高も低い印象なのでコンパクトとあまり差別化がないような気もします。

AMG G63

SUVではありませんが、もはやGクラスというカテゴリーといっても過言ではない車ゲレンデ。

2018年にかなり外観もかわりましたが、フルモデルチェンジと言わずランニングモデルチェンジと呼ばれていました。
前モデルと併売が続き2020年になってようやくG350d、G550、G63がすべてモデルチェンジしました。

SクラスS65と同じくV12エンジンを積んだG65は生産終了となってしまいました。

価格は前モデルよりさらにアップし、¥21,140,000~

さらにオプションを付けると+¥811,000。

かなりのセレブカーですが、東京都内では結構みますね^^;
排気行もサイドについており、G350dとの違いは明らかです。

超高級ブランドのSUVとも違い、他にこのマッシブな四角い形状の車はないため今後もGクラスの人気は続きそうです。
(あまり品位のある言葉ではないですが)まちがいなくマウントとれる車です。

災害で道がなくなっても走れる・・・

■メルセデスベンツ公式ラインナップページ
https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/mercedes-amg/lineup.html

カテゴリー

Tags

最新の投稿